カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

ココロの色・処方せん特別講座2日目

ココロの色・処方せん特別講座<0期>2日目も、トレーナー講座の内容を学んだり、ワークショップを体験したり盛りだくさんな内容です。

私の成分といって、自分は何色でできているか想像しながら人型に色鉛筆で色を塗っていくワークや、カラーダイヤリーのかき方について学びましたよ~

1384866262618.jpg

私を色であらわすならブルーっぽい人だ!とカラーを始める以前からうすうす感じていました。

しかし今回塗った色は、茶色とグリーン系。
足元が冷たくなっていたので、暖まりたい願望が暖色を選ばせたのは分かっていましたが、まだこの時はグリーンを塗りたい理由に気付いていなかったのです。
(その理由は次回のブログで紹介しますね♪)

そして、ココロの色・処方せん講座のオリジナルワークショップを考えたり、配色の意味からオススメする色の使い方を考えたり・・・

2日間を通して色を感じて味わい尽くしました!
その結果、カラーセラピーを始めようとしていた頃・・・2年半前に感じていた感情というか感覚を思い出していました。

震災直後、思うところがあってこれからはカラーセラピーを仕事にしたい!と思い立ち、
どんなシステムを学ぼうか、誰からどこで学ぼうか、仕事から帰って毎日毎日ネットで情報を集めていた時、どうしてだか分からないけど心というより魂が嬉しさで飛び跳ねるような感覚を感じていました。

血沸き肉踊るとでも表現しましょうか、当時と同じような感覚になったのです。

ココロの色・処方せん講座はとにかく楽しい講座だ・・・とSAIKO先生のメルマガやブログを読んで知っていました。
そして実は「楽しむ」ことに対し気後れしていたのです。

それは子どものように「楽しむ」ことを許されなかった、いまだ癒されない部分を持ち合わせているからです。
今すぐに受け入れられたり、乗り超えたりすることができない部分だから、今回もすんなり消化できないかもしれないと心配していたのです。

でも終わってみれば全部杞憂でした。

色を感じていると、私は何がなんだか分からないけれど嬉しいのです。

理由も無く好きなものに出会えたこと、それをツールとして自己表現ができる環境にあることを改めて感謝して福岡を後にしました。

SAIKO先生、長時間の講座・移動とお疲れ様でした。
今回ご一緒できたマスタートレーナーの先生方、楽しいひとときを本当にありがとうございました。

あ~、早くアドバイザー講座を開講したい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です