カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

ビジュアルボード作り

1391082755380.jpg 

本日はみどりの園のルーチェさんとルーチェさんの娘さんとビジュアルボードを作成しました。

私はイベント会場にてパーソナルカラー診断のお客様へお見せする配色見本を。
ルーチェさんは色別のボードを作成することにしました。

ファッション雑誌から色を切り取って台紙に貼るだけなんですが、
パーソナルカラーのシーズン別の色見本を作るのはちょっと時間がかかります。

例えばトップスがサマーでスカートがスプリングだったり、インナーはウインターなんだけどアウターがオータムだったり・・・
シーズンが混在していることが多く、惜しい!ざんね~ん!という写真が多いからです。

パーソナルカラーでは、
あなたは赤が似合って青が似合いませんよ~と単純に表現できればいいのですが、
実際にはそうならないことの方が多いです。

本当であればどんな伝え方をするかというと、
赤の中ならこの赤が似合って、この赤は似合いません・・・
青の中ならこの青がよくてこの青は避けた方がいいですよ~・・・
となるんですが、そう言われてもとってもわかりづらいんです!

似たような色の中でこれはOKでこれはダメって言われても、見分けることができないよ~となってしまいます。

だから私は、色の特徴をお伝えすることにしているのです。
淡い系なのか、暗い系なのか、くすみ系か、派手系かといったように大きく分類して、
淡い色だと輪郭がぼけて膨張したように見えますので、鮮やかで派手な感じのする色がいいですよ~
と、ご自分一人でも色選びができるような伝え方をしています。

そして百聞は一見にしかずということで、実際の配色例をお見せすることで、
あぁこんな色を選んだら(あるいは選ばないようにすると )いいんだ~と色のイメージをつかんでいただけるように思います。

さて、隣りの芝は青く見えるのかルーチェさんのボード作りはとても楽しそうに見えます。
ルーチェさんはパーソナルカラーのボードも楽しそうとおっしゃっていましたが・・・

ルーチェさんのボードは、
赤、オレンジ、黄色、緑などの色ごとに集めた写真を貼っていくのですが、色別のボードを見ただけでわ~~~!楽しい~~~!とテンションが上がってしまいました。

やっぱり私は色がとても好きなようです。

1日がかりで取り組みましたが、色が集まらなかったりでまだ終わりません。
隙間時間でコツコツやっていきたいと思います。