カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

リニューアルサイトの活用法♪

みなさんこんにちは~~

誰でも簡単にお風呂でカラーセラピーが体験できる、ギフトオブカラーの公式サイトがリニューアルされましたね~

140909ギフトオブカラー公式サイトリニューアル

トップページにはカラーセラピーが体験できるコーナーがある他、カラーヒーリングの方法が書かれたページがあったり、色の効果や選び方が書かれたページがあったり・・・

カラーセラピーに関する情報がたくさんあります

いろんなページを拝読して、これはプチ教材に活用できるかもしれないと、
以下の3つの立場ごとに活用法を思いつきましたのでシェアいたしますね~~

1.TCカラーセラピー修了生向け
2.TCトレーナー向け
3.ココロの色・処方せんアドバイザー向け

今日は、その1のTCカラーセラピストさんとTCマスターカラーセラピストさん向けの活用法をお伝えしたいと思います

TCカラーセラピーは色のメッセージが書かれたマニュアル付きの講座ですが、ごく稀に言われることがあるんです・・・

「メッセージを暗記していないので、まだセラピーできません」と

いやいやいや、色のメッセージは一つだけではありません

色の意味(キーワード)は数限りなくあるものなので、それに伴い色のメッセージも数限りなくあるのです

数学のように答えが一つというわけでなく、

どうしてその色を選んだのか・・・という色の意味の解釈は、クライアントさんの数だけあるといってもいいかもしれません

そして、色の意味がたくさんあるからこそ何を言っていいか分からなくなる・・・

というお悩みがあるかと思いますが、まずは自分の直感を信じてみましょう

仮に覚えたキーワードが20個あったとしても、セッション中に思いつくキーワードって3個~5個くらいなもの

自然とフィルタリングされているわけで、
単にそれ以外思い出せなかったからだとしても、かなりいい線いってるのだと私は思います

あまり勘が良くない私でもそのように思うのですから、恐れずにチャレンジしてみましょう

さて、TCカラーセラピーにはインフィニティカードというアイテムがあるため、
キーワードが思いつかなくて焦る~~といった場面は少ないかもしれません

それより難しいのは「伝え方」

クライアントさんが自分のこととして置き換えて感じていただけるような「ストーリー」をキーワードから組み立てるのが案外難しく、カラーセラピーの挫折ポイントの一つです

そんな「伝え方」という表現の教科書として参考にしていただきたいのが、TCカラーセラピーのマニュアルです

しかしマニュアルの文章は伝え方の一例ですから、それ以外にも伝え方はたくさんたくさん存在するのですよ~~~

リニューアルサイトでは、カラーセラピーが体験できますが、
色のメッセージは月ごとに変わるようです

ということはですよ、それを毎月毎月参考にするだけで、半年・一年経てばかなりの量の「伝え方」を参考にできるということです

blog_import_542c1e068b838

しかもTCカラーセラピーは14色ありますので、毎日色を選んだとしても2週間はカラーセラピーを楽しめる計算になります

というわけで、リニューアルサイトでカラーセラピーすることが毎日のささやかな楽しみになっています

最後に、カラーセラピーするにあたって一番大切にしていただきたいのが、
メッセージページ下に書かれているコレです!

140909ギフトオブカラー公式サイトリニューアル

大切なのは、色の意味ではなく、メッセージを聞いて(読んで)何を感じたかです

では明日はTCトレーナーさん向けの活用法を書きたいと思います