カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

色が消えた街

雪国では、雪が降る冬になると色が消えるといいます

葉を落とした木立の黒いシルエット、降り積もる雪、上空低く覆う雪曇りのグレー・・・

無彩色(モノトーン)の世界が広がるそうです

鹿児島のように年中太陽光が強く降り注ぐ地域だと、

色鮮やかな世界を比較的年中楽しめるので、モノトーンの世界と言われてもあまりピンときませんが・・・

 

しかしそんな鹿児島でも、ほんの一瞬だけ色が消えることがあります

そう、それは桜島の降灰が激しい時

wpid-img_20150423_124147.jpg

 

 

 

 

 

「灰色」の文字通り、灰に覆われた街はグレーになります

道行く人々は、顔を覆いながら足早に通り過ぎていきます

 

色は光

私たちは光の反射を目で捉えて色を感じています

グレーは光の反射率が低い色

光の刺激や光の量が少ない時、私たちは気分がふさぎ込むことがあります

 

降灰の場合は、色の問題というよりも、灰まみれになる不快さで気分が滅入ることになります(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です