カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

団体セッションができるカラーセラピー

カラーセラピーはカウンセリングなので、

セラピストとクライアントが1対1でセッションを行うことが通常のスタイルですが、

今日は1対複数で行えるワークをご紹介したいと思います

 

1対複数とは、セラピスト1人に対して複数名の参加者、もしくは大勢の団体様に向けて、

つまり大勢で同時にカラーセラピーする!

ということ

そんなスタイルのワークがTCカラーセラピーには2つあります

 

  • 1つ目は、パーソナリティー・ストーリー・ワーク

wpid-dsc_0546-e142432211940三角形の頂点に気になる色のボトルを配置して、3色それぞれを自分に見立てて、自分自身を見つめていきます

そして、参加者でシェアリングすることで、他者理解を深めることができる・・・

お茶会、イベント、セミナー、企業研修まで幅広く活用できる、

自己理解から他者理解へつながるカラーセラピーです

 

 

  • 2つ目は、最高価値を見つける14色の質問・ワーク

そのネーミングの通り質問に答えていくことで、自分自身が大切にしている価値を見つけるワークです

こちらのワークはヴィジョンスパイラル講座の中で学びます

wpid-img_20150501_150806.jpg

家庭学級でカラーのワークショップをしたい!と、

TCマスターカラーセラピストのMさんが、ヴィジョンスパイラル講座を受講しにいらっしゃいました

14色の質問・ワークの団体セッションのやり方を学びながら、どんな感じに進めたらよいのか具体的なイメージをつかんでいらっしゃいました

 

こちらも個人セッションに使えるのはもちろんですが、

お茶会、イベント、セミナー、企業研修まで幅広く、団体セッションに応用できる、

守備範囲の広いカラーセラピーです

 

カラーセラピーはコミュニケーションツールの1つ

色彩を学ぶことは、人間について学ぶこと

自分を癒すことはもとより、

多くの人の間でカラーを活用していただきますようにと願っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です