カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

流せなかった涙

みなさんこんにちは
今日は何色の1日でしたか?

私はただ今クリア(透明色・白色)で浄化中です

111002_2 アヴァターラカラーセラピー

環境が変わっても、なぜか繰り返し起こってしまうパターンがあったり、

物事がスムーズに進まなかったりするのには、

いまだ癒えていない過去の感情が由来しているのかもしれません

 

 

最近、驚くほど物事が進まない出来事があったんですね~

進もうとすると足を取られて、何もないところで転んでしまった・・・

そんなイメージでしょうか

 

痛い目に遭ってしまうのは、癒されなかった傷を癒してほしいがために、

状況を変え、人を変え、潜在意識の力が過去と同じような出来事を再現するからといいます

 

そして癒されない限り、手を変え品を変え、繰り返し同じような状況に陥る・・・

ということになります(>_<)

 

今回の一件で、とっても強力な心のブレーキ(メンタルブロック)の存在を感じたので、

自分を癒す心の旅に出てみました~

 

すると、15年前大切な人を失った悲しみの感情が手つかずのまま、そっくり残っていることが分かりました

きっと当時は悲しすぎてまともに向き合えなかったのかもしれません

そういえばあの頃、忙しくしたり、考えないようにしたり、

きちんと涙を流すことをしなかったように思います

 

そうやって”無かったこと”にするうちに、

月日とともに見えなくなっていったので、時間が解決したのだとばかり思っていました

だって15年経っていますから・・・(苦笑)

実際は潜在意識の中に埋もれて見えなかっただけだったんですね~

 

埋もれた感情を取り出して味わってみると、

15年も前の出来事なのに、まるで今起こった出来事であるかのような感覚になります

記憶はだいぶ色褪せているけれど、感情はとってもリアルです

昔のことなのに、今さら心に大きな穴が開きましたよ・・・

 

そういえば今月に入って洋服の整理をしました

15年前よく着ていた服(物持ちがいいでしょう(笑))を手放してみたんです

あの頃お世話になった洋服に感謝してお別れができたから、

今度は感情にも向き合ってみようという流れになったのかもしれません

 

カラーセラピーで用いるクリア(透明)は、

辛すぎて流せなかった涙を象徴しています

 

またクリアは余白・ブランク

余白が生まれるということは、物事を整理したということ

場合によっては、何かを手放して再スタートを切る、喪失感を伴う再生を表すことがあります

 

この感情を乗り越えて、今度こそ人生の片をつけよう・・・そんな風に思いながら、

前に進むために涙を流して浄化をしています