カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

病は気からって言うけれど

皆さんこんにちは
本日は何色の1日でしたか?

ご心配おかけしておりました足の怪我、
本日足の固定を外して、サポーターになりました

捻挫の治療中の写真

1週間前に松葉杖必要ってことで
Facebookでも会社でも、
みんなを必要以上に驚かせてしまって、申し訳なく感じていました

たいして痛くもないのに松葉杖なんて、
お医者さんが大袈裟なんだよ~と思ってたんですけどね・・・

今日の診察で言われた衝撃の一言
「靭帯切れてた」らしいです

1週間の診察では「靭帯伸びてる」って言われて変に安心してたんですが、
「靭帯切れてる」のと「靭帯伸びてる」のは同義語で、
たいしたかわりはないんだとか

自分の靭帯切れたって思ったら、急に力が抜けてがっくりきました

そして、病名を知ってさらに力が抜けました
「右前脛腓(けいひ)靭帯損傷」
・・・ひぇ~~

ついでながら、帰宅後ネットで調べてみたところ、
損傷の程度は3つのステージに分類されるらしく、
その症状からステージⅡなのではないかと推察されました

〈脛腓靭帯損傷分類〉
●ステージⅠ:損傷
●ステージⅡ:部分断裂
●ステージⅢ:完全断裂

私の場合、足全体が腫れて膨張し、皮下出血がありましたが、歩くことはできました

ステージⅠは、出血斑があまり認められない状態だそうで、私のそれと違いますし、
ステージⅢは、歩行困難になるので、これも違います

ステージⅡは、著腫脹が足部全体に認められる、出血斑が足部に認められるそうですから、症状にぴったんこです

靭帯切れてるって言われた時は、その情報の曖昧さから不安や心配が押し寄せてきましたが、
きちんと情報を集めて事実確認できたら、不安が消えて客観的な視点を取り戻すことができました

カラーセラピー的に表現すると、
イエローが足りなくて混乱を招き、一時的にネガティブな状態になったけど、
イエローを補ったら、バランスが取れてポジティブな状態になれた
ということでしょうか

さて、現状では腫れも治まり痛みもほとんど無いので、
今後は足の痛みに応じて歩いてよいのだとか

後もう少しだけ松葉杖のお世話になりながら、養生に励みます

実はこの数日、調子に乗って素足で太極拳の練習してましたが、
今日からサポーター付けて練習することにします(←養生する気があるんだか無いんだか)