カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

2018年を色に例えると・・・

皆さまこんにちは
「平成最後」という言葉がまるで枕詞のように冠される昨今ではありますが、
今年1年を振り返った時、何色の1年だったでしょうか

私は「ダーク(茶色)」だったように思います
例えて言えば、土(地盤)地道に忍耐強く開墾するようなイメージです
20181231土壌の写真(ダークの色の意味)

具体的には、年明けからの公式勉強会では、
今まで2年間東京へ通って学んだ色彩文化について還元しようと
公式勉強会の内容をアップデートしていったのですが、
欲張ってあれもこれもアウトプットしようとしたところ
情報の整理や資料作成に恐ろしく時間がかかってしまったのでした

チャプター1回ごとに、今までのやり方を全部見直しましたので
準備期間が長期間にわたり、非効率で骨が折れることばかりでしたが
それはやがて自分の実力となり、未来に豊かな花や実をならすことができると
重々分かっていましたので、
地道な作業をむしろ楽しむことにして続けておりました

6月に入り、靱帯断裂の怪我をするというアクシデント(試練?)にも見舞われつつ
ある社会福祉法人様にてカラーのワークショップを開催させていただきました
限られた時間内で作品を残してもらえるように
何回も試作を重ねました
そういえばこの時も準備に時間かかってたな~~

そして8月後半~年末までずっと、
冬場風邪でダウンした期間を除き、
次々にやってくる講座やセミナー準備に追われて
ほとんど休みなしで過ごしていました
特に、「大人のためのスキルアップ講座」開催のための準備は
コツコツの極みでした~
徹夜同然の日もありましたし、特別編となる「まちあるき」のために
数か月前から隙間時間に読書してネタを収集していました

その他、新講座となる「アソシエーションカード・マスター講座」「アソシエーションカード・ファシリテーター講座」の準備もありましたし、
12月に開講いたしました「パワーピアス・セラピー講座」としては
中医学の基礎を分かりやすく伝えられるように知識を復習・増強してみました

こうやって振り返ると、
1.アップデートのための準備
2.新規講座・セミナー・WSのための準備
大きく2つの目的のため、それぞれ改善チャレンジ時間を費やしたことが分かりました

色に例えるなら、レッド(改善&チャレンジ)が動機として働きかけることにより、
結果的にダーク(時間がかかる)を作り出していたんですね~

今年のような過ごし方(コツコツ系、いやむしろ要領悪い系と言うべきでしょうが)は
私にとって比較的得意な分野なので
来年は、自分の苦手な分野を伸ばす方向に意識を向けていきたいと思います

色に例えるなら・・・
それは次回の記事にしたいと思います

来年はどんな彩りを帯びた1年となるのか楽しみにしていきたいと思います