カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

なないろレター№11 花の色と実の色

皆さんこんにちは
本日は何色の1日になりそうですか

今日はFIFA女子ワールドカップ グループステージ第3戦 イングランド戦が行われましたね

サッカー日本女子代表の愛称は、なでしこジャパンです
ユニフォームには撫子色のピンクが使われていて、男子代表の赤と比べてかわいい印象ですよね

ところで皆さんは、
ピンク色の花と言われて何の花をイメージしますか?

やっぱり桜でしょうか、桃っていうのもありますよね

日本人にとってピンク色の花=桜ですが、
西洋人にとってはピンク色の花とは撫子の花のことなのです

 

さて、和名の桜色や桃色については、もちろん花の色にちなんだ色名ですが、
英名の色名は、植物は同じでも花でなく実の色由来の色名なのです
・桜色 ⇔ チェリー
・桃色 ⇔ ピーチ

福田邦夫先生によると、西洋の人は「花より団子」なのだそうですよ!

他にも、
胡桃色(胡桃の樹皮や果皮を煎じた汁で染めた色) ⇔ ウォルナット(胡桃の実の外殻のような色)なんていうのも花より団子の一例です

 

参考図書:
『色の名前事典507』福田邦夫著

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です