カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

物質界に生きるとは?

さてとても珍しく本日2回目の投稿です。
オーラソーマ体験話の続き。
「今ここ」を表す3本目を見て二人して笑ってしまいました!
19番B089 レッド / パープル
派遣労働の多忙さが表れていたからです

早朝から就業開始しますが、
工場内は暑く、製品は熱く、単純作業ですが瞬発力が求められ、長時間の肉体労働で疲労がピークに達します。
それは生活の糧を得るための仕事です。

・・・と、どこまで行ってもレッド、レッド、レッドな仕事。

そしてこのボトルの名称は「リビング イン ザ マテリアルワールド~物質界に生きる~」です

心模様と色と象徴とがぴったんこなオーラソーマに脱帽でした。

さて、「物質世界に生きる」ということ自体に、スピリチュアルな方面の方々には否定的なニュアンスで使われているような印象がありますが・・・

ただひたすら体を動かす仕事をして私が得たものは、「行」という行いの中にこそある「瞑想の心境」です!
単純作業はまるで修行のような世界。
ひたすら拘束され続けますが意外にも心は自由です。
人と話をするなど外に刺激を求められないので自然と心は内側を向き、自分と対話する時間を過ごすのです。
単純作業だからこそ内観を伴い自分の深い部分とつながる瞑想の心境に辿り着きました。
レッドの物質世界を突き抜けたからこそ、パープルの哲学的境地を生み出すことになる!
そんな貴重な体験を通じて「生きるとは何か?」を学ぶ、物質世界でも精神活動でも修行中の私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です