カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

~レッドの意味~ 今年のテーマカラーを決めよう!

今日はレッドについて意味をご紹介いたします。

レッドは血液の色。
血が大量に流れる場面ってどんな場面を想像しますか?

テレビドラマの殺人の場面?
戦争?災害?事故?

そして燃え盛るの色もレッド。
消火しきれないほどに勢いよく燃える火の手は、あたりを焼けつくすまで燃え続けるかもしれません。

また火山から流れ出るマグマの色もレッド。

火事もマグマも人間の手では抑えきれないエネルギーで迫ってくるかもしれません。

血も炎もマグマも・・・どんな場面にせよ、レッドがあふれた世界というのは命が危ぶまれる非常事態、危機的状況であることを告げています。

向かってくる敵と戦うのか、火の手から逃れるのか、一瞬の判断が生死を分けることになりそうです。

生き延びるためにとっさに行動する・・・
レッドを見ると意識しなくても体が活動するスイッチが入るようです。

実際レッドを見たり、レッドに囲まれたりすると、血圧や心拍数、呼吸数が上昇します。

目標に向かってやる気を喚起したり、行動をおこさせる時にレッドは力を与えてくれそうです。

レッドは「生存」と関わりの深い色ですが、
「生きる」ためには、食べる・寝る・子孫を残すといった行動や、衣食住といった環境が必要になってきます。

これらを手に入れるために、私たちは働いてお金を得ますよね~
そして仕事をする、収入を得るというのは、生活や現実世界そのもの。

生活の基盤を築いて毎日をしっかり送る人を地に足がついていると表現したりもします。

今年は仕事をがんばろう!とか現実と向き合おう!とかお考えの方はレッドをテーマカラーにしてみるのもいいかもしれませんね。