カラーセラピー 彩環saika  鹿児島市でカラーセラピー パーソナルカラー診断 セラピスト養成講座を開講しています

カラーセラピーの難しさ、面白さ

wpid-dsc_0335.jpg

どんな道でも同じことだけど、自分の足で歩いたからこそ見える風景があるのだと思います

今日のなないろレッスンに参加されたカラーセラピストひと美さん、Miyukiさん

個人セッションが終わると、色の意味からもっといい言葉かけができたのではないかと思ってしまう・・・という話や、
またやればやるほど奥深いカラーセラピーの世界を感じるといった話をされていました

もっとこうすれば良かった、
本当はこうした方が良かったのではないか?

そのように思えることは、1人1人としっかり向き合って丁寧にセッションを重ねている証拠

カラーセラピストとして一つ一つしっかりと階段を上がってらっしゃるご様子を感じて、私はとても嬉しく頼もしく思いました

選ばれるたった数色を手がかりにカウンセリングしていくカラーセラピーは難しいけれど、面白いものなのです

 

TCカラーセラピスト講座もTCマスターカラーセラピスト講座もワンデイの講座です

忙しい私たちにはありがたいシステムですが、1日の集中講座だけでは私がいくら頑張っても与えられないものがあります

それは「自信」

では自信を持つのに必要なものは…

「時間」です
…というより「経験」です

受講後にカラーセラピーを楽しく続けていただけるように、

自信を持ってセッションしていただけるように、

言い方・伝え方に気を配っておりますが、

たった1日の講座で自信をつけてお帰りいただくなんてことは私が魔法使いにでもならない限りできないことなのです

そこをフォローするためにあるのが公式勉強会です

 

傾聴してるつもりだけど、傾聴できているのか自信がない

色の意味をどのように伝えたらいいのか不安だ

これらはカラーセラピーで陥りやすいポイントで、
私もそうでしたが習い初めのうちは、自分では乗り越えられそうにない壁に感じてしまうものです

 

でもね、TCカラーセラピーはマニュアルやインフィニティカードがあるから、
案ずるより産むが易しなんだな♪

こわごわだったけどやってみたら案外なんてことなかったな~ということも、

続けていくとカラーセラピーの奥深い味わいがあるんだな~ということも、

自分の足で歩いたから見える風景

もしもそんな風景が待っていることすら知らずにカラーセラピーから足が遠ざかってしまうとしたら、本当はもったいないことなんです・・・

 

どこまでも広がるカラーセラピーの風景を見続けるために、仲間と一緒に歩いていきましょう